| 
  • If you are citizen of an European Union member nation, you may not use this service unless you are at least 16 years old.

  • You already know Dokkio is an AI-powered assistant to organize & manage your digital files & messages. Very soon, Dokkio will support Outlook as well as One Drive. Check it out today!

View
 

FrontPage

Page history last edited by Masahiko Nose 11 years, 1 month ago

 

Symposium on Contrastive Linguistics (since 2010)

Linguistic Research Center, Reitaku University, Kashiwa, Japan 

2013年5月17日更新

このサイトは2010年より開始した「対照言語学」のシンポジウム(麗澤大学言語研究センターの共同研究プロジェクト)関連のサイトです.


2012年度 第3回 対照言語学若手の会シンポジウム

2013年の1月か2月に予定しています.

:2013年5月追加,第3回は開催されなかったようです.


2011年度 対照言語学ワークショプ(2012年1月開催)

―格の対照― 

http://contrastiveling.pbworks.com/w/page/26060798/Cases

(2011年度言語研究センター共同研究プロジェクト,野瀬科研より助成)

また,当日の参加者を募集します(参加費等は必要ありません).お問い合わせは野瀬(mnose@reitaku.jp)まで

日時:2012年1月28日土曜日:10時から17時: 無事に終了しました

場所:麗澤大学,柏キャンパス,プラザ棟(JR南柏駅より,徒歩20分,または南柏駅前から東武バスで5分)


第2回:「対照言語学若手の会」シンポジウム

テンス・アスペクト―

日本語から考える外国語

http://contrastiveling.pbworks.com/w/page/39908690/contrastive2011

日時:2011年12月17日土曜日:10時から17時: 無事に終了しました.参加者のみなさま,ありがとうございます.

2011年12月30日追加:成果発表論文集の原稿を募集しています.

場所:麗澤大学,柏キャンパス,プラザ棟

2012年8月17日更新:論文集の出版

『日本語とX 語の対照2 -外国語の眼鏡をとおして見る日本語-対照言語学若手の会シンポジウム2011 発表論文集』(笹原健・野瀬昌彦編)

2012年8月 アマゾンにて販売中です.1680円です.

http://www.amazon.co.jp/dp/4864870047/



第1回:「対照言語学若手の会」シンポジウム

―日本語とX語の対照―2010年7月17日(土)):終了しました

野瀬昌彦(編集).『日本語とX語の対照―言語を対照することでわかること―対照言語学若手の会シンポジウム2010発表論文集』.名古屋:三恵社,2011年7月,出版されました(2011年度言語研究センター共同研究プロジェクトより助成).

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4883618765/

増刷決定(2011年12月20日):

規定の冊数が売れまして,増刷が決定しました.下の部分の修正部分が修正済みとなっています.本の中の目次の論文名と実際のページの論文名が違っております.以下のように目次を訂正します.すべて編者の野瀬の責任です.申し訳ありません.増刷の版では修正されています.

目次:

誤:日本語における英語要素,上ソルブ語におけるドイツ語要素(笹原健)

正:日本語における英語借用語,上ソルブ語におけるドイツ語借用語

誤:味の対照言語調査―中国語,プイ語,日本語と食文化(高嶋由布子,梶丸岳)

正:味ことばの対象言語調査―中国語,プイ語,日本語と食文化―

誤:日本語の「○○中」と対応する英語の「前置詞+名詞句」表現~日英パラレルコーパスを用いた分析~

正:進行相を表す「~中」表現と英語の前置詞句表現の比較~日英パラレルコーパスを用いた分析~


主催:

麗澤大学言語研究センター(Linguistic Research Center, Reitaku University)

http://r-linc.org/index.html

すべての問い合わせ:

 滋賀大学経済学部 野瀬昌彦 (Masahiko Nose, Faculty of Economics, Shiga University)

mnose(at)reitaku.jp

http://contrastiveling.pbworks.com/

パプアニューギニアのアメレ語研究プロジェクト:

http://contrastiveling.pbworks.com/w/page/26060802/Amele

 

Comments (0)

You don't have permission to comment on this page.